しじみの効果効能

健康効果がさらにアップ!?しじみの冷凍保存

老若男女を問わず、その優れた健康効果から大人気となっている「しじみ」。
そのしじみを加工し、濃縮されたエキスを配合したサプリメントやドリンクが、各社から販売されています。
そんなしじみが、冷凍保存することによってパワーアップする事をご存知でしょうか?
今回は、しじみに含まれる栄養素に注目し、冷凍保存によるパワーアップ効果について、皆さんにご紹介させて頂きます。

秘密は細胞の破壊

冷凍すると本当にしじみの効果がパワーアップするのでしょうか?
その真実についてはまだ研究中ではありますが、その可能性については徐々に解明されてきています。

ここでその可能性をご紹介させて頂きます。
しじみにはグルタミン酸やアラニンと呼ばれる旨味成分が含まれています。
冷凍することでしじみ自体の細胞が破壊され、グルタミン酸やアラニンの含有量が増加すると言われています。
しじみに含まれる有名な栄養素「オルニチン」ですが、冷凍することによって含有量が7倍〜10倍に跳ね上がると言われています。

青森県産業技術センターの発表によれば、マイナス4度の冷凍において、オルニチンの含有量が8倍にまで増加したと記録されています。
さらに、オルニチンだけではなく旨味成分も増加しているとの事。
近年の冷凍技術によって温度管理が出来る冷凍庫もありますので、特殊な業者でなくともマイナス4度程度の温度を狙い、しじみをパワーアップさせることも十分に可能です。

旨味成分や有効成分が増加するのは良いこと

旨味成分や有効成分が増加するのは、私達消費者にとって素晴らしい朗報です。
オルニチンの増加は身体的に害があるわけではなく、良いことしかありません。

旨味成分が増すなら、さらに良い出汁が出てくると期待できますし、佃煮などの身を利用する料理なら味わいがさらに深まるはずです。
オルニチンの含有量が増加するなら、通常のしじみでありながら濃縮されたしじみエキスを特徴とするサプリメントやドリンクに近い効果・効能も期待できます。

サプリメントやドリンクは、お世辞にも美味しいと呼べるものではありません。
その点、冷凍し地味であれば美味しく様々な調理に利用できますから、高い効果を発揮しつつ美味しく頂けるメリットがあると言えます。

解凍せずに調理に利用

素晴らしい効果を発揮してくれると考えられる「冷凍しじみ」ですが、注意点が一つ。
凍らせたしじみを解凍して利用するのではなく、凍ったまま調理に利用すると言うことです。

解凍してしまうと折角の有効成分が流れでてしまい、冷凍したメリットが少なくなってしまうからです。
せっかく増加したオルチニン等を、可能な限り失うこと無く摂取したいと考えるのならば、必ず冷凍のままで調理を実施し、有効成分が流れ出ないように注意しましょう。
調理する場合も、水から調理を開始するのではなく、熱湯の状態から調理を開始するなどの工夫を行うようにしてください。

美味しい冷凍しじみを取り入れましょう

自分で採ったしじみを冷凍保存するのも良いですが、面倒であれば、インターネットなどで比較的簡単に手に入れることが出来ます。
インターネットなどで手に入れたしじみの多くは、すでに砂抜きなどの面倒な工程を終了した状態で冷凍されているため、すぐに調理に利用することが出来ます。

しじみエキス配合のドリンクやサプリメントを毎日続けていたとしても、時々食事からしじみを摂るのも悪くはありません。
やはり本物のしじみは美味しいです。
とくにしじみのお味噌汁は飲むと体に優しく温まります。
毎日のしじみを続けながら、冷凍しじみを使った調理を楽しむのも、しじみによる健康促進の魅力ではないでしょうか。

ページのトップへ戻る